東京駅

バス

【東急の通勤高速バス】Satellite Biz Linerに乗車【実証実験】

東急が実証実験中の通勤高速バス「Satellite Biz Liner」に乗車してきました!車内にはWi-Fi、電源、さらにはPCを使えるようyogibo trayboなどがあり、バスの乗車時間を勤務時間に含めるという新たなスタイルです。座れる、密を避ける、東京駅まで直通、移動時間が無駄にならない、昼間の会議なのどみの出勤に、などメリットは多そう。市が尾駅・たまプラーザ駅~渋谷駅・東京駅の間を運行します。今回は東京駅からたまプラーザ駅まで乗車しました。
バス

首都圏の燃料電池バス SORA 乗りつぶし ⑬都営バス「東16」【東京駅-東京ビッグサイト】

都営バスの「東16」系統の燃料電池バスに乗車しました。深川営業所の路線で、東京駅八重洲口~豊洲~東京ビッグサイトを結んでいます。たくさんの燃料電池バスが見られる路線です。
バス

首都圏の燃料電池バスSORA乗りつぶし⑤ JRバス関東「JR竹芝水素シャトルバス」【東京駅-ウォーターズ竹芝】

JR東日本が開発した竹芝地区の新しい複合施設、ウォーターズ竹芝へのアクセスとして、JRバス関東が無料の連絡バス「JR竹芝水素シャトルバス」を燃料電池バスで運行中です。ウォーターズ竹芝はラグジュアリーホテル、商業施設、オフィス、劇場、船着き場で構成されており、2020年6月にオープンしました。JR竹芝水素シャトルバスは東京駅丸の内南口を出て、ウォーターズ竹芝、日の出ふ頭と経由して再び東京駅に戻ってくるルートです。日の出ふ頭まで乗車してみました。
バス

首都圏の燃料電池バス SORA 乗りつぶし③ 「晴海ライナー」(日立自動車交通)【東京駅-晴海トリトンスクエア】

東京駅・有楽町駅と晴海トリトンスクエアをむすぶ「晴海ライナー」に乗りました。水素で走る燃料電池バスSORAが導入されています。日立自動車交通による運行です。燃料電池バスは一台のみなので乗りやすさの難易度はやや高めですが、都営バスや東京BRTの燃料電池バスと同じエリアを走っているため、乗り比べもできます。
バス

首都圏の燃料電池バス SORA 乗りつぶし① 東急バス「東98」【東京駅-等々力操車場】

TOYOTAが開発した水素で走る次世代型のバス、燃料電池バス「SORA」は現在、首都圏の大手バス会社各社で導入されています。つい先日は西武バスと東武バスウエストがそれぞれ1台ずつ営業開始。すでに導入している都営バス、東急バス、京王バス、京急バス、京成バス、JRバス関東、日立自動車交通、横浜市営バスに加え、計9社が運行中です。現在首都圏を走っている燃料電池バスSORAを乗りつぶしてみることに。まずは東急バスの燃料電池バスに乗ります。
タイトルとURLをコピーしました