【コスパ最強】京急「みさきまぐろきっぷ」を満喫

旅行記

京急の大人気企画きっぷ「みさきまぐろきっぷ」を使った記録です。旅行日は2020年1月。

みさきまぐろきっぷとは、神奈川県三浦半島の港町、三崎を満喫するための大変コスパの良いきっぷです。京急線の三崎口までの往復乗車券フリーエリアの京急バスフリー乗車券まぐろまんぷく券(加盟店でお食事に使える)三浦・三崎おもひで券(加盟店・施設で使える)がセットになっています。

みさきまぐろきっぷ
https://www.keikyu.co.jp/visit/otoku/otoku_maguro/

おもひで券はお土産などのほかに、温泉、オープントップバス、レンタサイクル、水族館、水中観光船などで使えます。

とにかくコスパが高いと有名なみさきまぐろきっぷ、一度使ってみたいと思っていました。
京急線品川駅の券売機で購入。品川からは大人3,570円でした。

三崎口まで乗り換えなしで行ける快特、しかも2ドア車で座席がクロスシートの2100系を狙って乗ります。快特で泉岳寺始発のものだとクロスシートであることが多いです。

クロスシートで景色もよく、非常に快適な移動です。ものすごく飛ばします。

三浦半島らしい風景が見えてきます。1時間10分ほどで三崎口駅に到着。

ドアふたつで窓が長く、スッキリしたデザインの2100系が素敵
ミシュランを取ったらしい

三崎口駅前は「口」というだけあって、三崎の街からはだいぶ離れているようで、バス乗り場と少し商店があるぐらい。ここからフリーパスでバスに乗ります。

大型ショッピング施設や山道を超えて、港に到着。やっと海です。

まずは、まぐろまんぷく券でランチにします。

いろんなお店がありますが、今回はこちらで海鮮丼をいただくことに。まぐろ食堂七兵衛丸さん。

まぐろ食堂 七兵衛丸 (三浦半島その他/魚介料理・海鮮料理)
★★★☆☆3.48 ■予算(昼):¥1,000~¥1,999

人気で、結構待って入りました。「王道!いきいき刺身定食」というのをいただきました。地魚のお刺身です。

午後になり、海に刺す光が穏やかに。

歩いて、近くの海南神社に行ってみました。初詣。

すごい例。

三崎港の物産館「うらりマルシェ」は帰りに寄ることに。

バスで城ヶ島に向かいます。美しい橋を渡って島へ。終点城ヶ島バス停まで。

磯の小魚が見えます。

お土産に貝殻を買いました。三浦のじゃないけど。

城ヶ島灯台の方に歩きます。

鳶がいました。高いところを飛んでいます。

城ヶ島の西端部に出ます。波が穏やかでとても綺麗。

城ヶ島京急ホテルの裏手にあたります。

ここで、おもひで券を使い、温泉に入ります。城ヶ島京急ホテル「城ヶ島雲母の湯」。いい温泉でした。
※こちらのホテルは老朽化のため、今年の5月に閉館したそうです。現在みさきまぐろきっぷで日帰り入浴が可能な施設は、こちらのリンクから日帰り入浴を選び、参照してください。

三浦・三崎おもひで券 | みさきまぐろきっぷ | 京浜急行電鉄(KEIKYU)
みさきまぐろきっぷ、三浦・三崎おもひで券のご紹介。京浜急行電鉄のオフィシャルサイトでは運行状況やご利用案内の他、周辺地域の観光情報を掲載しています。

しばし休憩してまたバス停に戻ります。

三崎港に戻り、うらりマルシェを見学します。

三崎マグロ 三浦市の産直品売り場 うらり
三浦海業公社が運営し、マグロをはじめ旬の魚介類や野菜などを販売する「産直センター」、多目的イベントスペースの「うみぎょうプレイス、研修・展示室」があります。 また、コンサートや演劇等多目的に利用できる市民ホール「シーサイドホール」が併設されています。

魚介類と加工品がずらり。海苔を購入します。

冬の海が本当に美しい!

帰りもクロスシートの快特に乗って帰宅しました。

タイトルとURLをコピーしました