【コロナ禍で開業!】お台場「東京国際クルーズターミナル」を見学

国際

2020年9月10日、お台場に新たな客船ターミナル「東京国際クルーズターミナル」がオープンしました。

東京国際クルーズターミナル|東京港客船ターミナル
晴海・竹芝・有明・青海各客船ターミナルでは世界や伊豆・小笠原諸島への船旅をサポートし、また、都会の風景を眺めながら食事をしたり、都心の中を行き交う水上交通駅の役割を果たしています。

当初の開業予定は7月だったのものの、新型コロナにより延期。また、クルーズ船の寄港も未定ですが、国内クルーズの寄港の可能性があるとのこと。早速見学してきました。
場所はお台場の船の科学館の隣。公共交通機関のアクセスとしては、ゆりかもめの「国際クルーズターミナル」駅と直結しています。

新橋〜国際クルーズターミナルはICカードで388円


新橋からゆりかもめで向かいます。約17分で国際クルーズターミナル駅に着きます。

東京国際クルーズターミナル駅に到着。「船の科学館」駅だったのを昨年改称。

駅直結といっても屋内の通路があるわけではなく、屋根のある通路を8分歩いて向かいます。メインのユーザーは観光バスかタクシーを使うと思われるので、歩道は屋根があるだけありがたいといった感じ。

炎天下なので屋根があるのがありがたい

こんな感じで、船の科学館の横を抜けていきます。

到着。素敵なデザイン。

建物の奥に広い駐車場があります。待機する観光バスや車で来た人の駐車場として使われるのでしょう。

一階はロビーのみで、検温がありました。

一階
1階エントランスロビー
2階 税関、出入国審査、検疫スペース、宅配スペース 
3階税関、出入国審査、検疫スペース、待合ロビー
4階送迎デッキ、展望デッキ、多目的室、特別室

といった構成です。

二階へ上がると、広いスペースがありました。奥がCIQエリア(税関、出入国審査、検閲)。どの階にもふかふかのソファが置いてあります。

飲食店や売店の類は現在すべて閉まっています。初寄港が決まればオープンするのでしょう。

訪れたのはオープンの翌日。真新しく巨大な建物はひとりの乗客もなくがらんとしていますが、見学者はそこそこいました。

3階

三階もCIQエリアがあり、あとは待合スペースになっています。天井が高く開放的なフロアです。

日本を紹介するパネルが多く設置されている
東京国際クルーズターミナルに停泊する日本丸

四階の展望デッキから、日本丸が見学できました。オープンを記念して停泊しているとのこと。日本丸目的で来られた方も多いようです。

お台場の海

新しいターミナルが一刻も早く本来の目的のために活躍することを願って止みません。次に訪れるときは乗客として伺いたいですね。

コメント

  1. […] 【コロナ禍で開業!】お台場「東京国際クルーズターミナル」を見学2020年… おさんぽ 新規オープン 旅行 Hi-NODE JR竹芝水素シャトルバス 日の出 日の出ふ頭 竹芝 シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー shotaronをフォローする shotaron cari angin tokyo […]

  2. […] 【コロナ禍で開業!】お台場「東京国際クルーズターミナル」を見学2020年… […]

タイトルとURLをコピーしました