廃線跡

スポンサーリンク
廃線跡

浜離宮前の踏切を見る【東京市場線 浜離宮前踏切】

東京都中央区銀座の銀座郵便局ちかくに、踏切のモニュメントがあります。これは、かつて存在した東海道貨物線の支線である東京市場線の踏切が残されたものです。「浜離宮前踏切」といいます。
廃線跡

東急こどもの国線に乗る【横浜高速鉄道Y000系】

東急こどもの国線に乗車しました。長津田駅からこどもの国駅までの短い路線で、単線。東急こどもの国線は横浜高速鉄道が第三種鉄道事業者として線路を保有し、東急電鉄が第二種鉄道事業者として運行を行っています。
廃線跡

【三鷹の廃線跡】国鉄武蔵野競技場線の廃線跡を歩く

かつて三鷹駅から伸びていた国鉄武蔵野競技場線の廃線跡を歩きました。廃線跡は遊歩道として綺麗に残されており、散策を楽しむことができます。
スポンサーリンク
廃線跡

【国立駅の廃線跡】鉄道総合技術研究所引込線跡を見る

かつて中央線の国立駅から北側の鉄道総合技術研究所に向けて引き込み線が伸びていました。廃線跡は現在遊歩道として整備されています。
廃線跡

国鉄下河原線の廃線跡を歩く【国分寺~北府中~下河原/東京競馬場前】

かつて国分寺駅から北府中駅を経て下河原駅、東京競馬場前駅へ伸びていた国鉄下河原線の廃線跡を歩きました。北府中駅以南のほとんどの区間が緑道として整備されており、快適に歩くことができます。また、当時の様子を偲ぶような遺構も少しですが見られます。
廃線跡

【拝島〜武蔵五日市】JR五日市線に乗る【旧五日市鉄道】

拝島と武蔵五日市を結ぶJR五日市線に乗車しました。全線が単線で、現在は各駅停車のみ運行中です。かつては五日市鉄道として拝島から先も立川まで線路を有していましたが、廃線となり、一部は道路やJR青梅線の短絡線として使われています。
バス

「西武大宮線」の廃線跡を西武バスでたどる【川越~大宮間】

かつて川越〜大宮間を走っていた西武大宮線の廃線跡をバスで辿ってみました。西武大宮線は路面電車で、埼玉県初の電化路線でした。川越久保町駅から西遊馬などを経て大宮駅西口に至る路線でしたが、川越線の開業ののち廃線となりました。
廃線跡

【川越の廃線跡】西武安比奈線を歩く

埼玉県川越市にある西武新宿線南大塚駅からは、かつて西武安比奈線という貨物線が走っていました。入間川で採取した砂利の運搬を目的に、大正時代に開業し、当初は砂利線と呼ばれていました。1963年に休止となり、車両基地計画などが持ち上がりはしたものの、2017年に正式に廃止となりました。実際に歩いてみました。
おさんぽ

【成田の路面電車】成宗電気軌道の廃線跡をたどる

かつて成田を走っていた路面電車「成宗電気軌道」の廃線跡を辿ってみました。成宗電気軌道は成田山新勝寺の門前から成田駅を通って宗吾霊堂の前まで繋いでいました。成田駅から新勝寺までの廃線跡は「電車道」として整備され、当時のトンネルなども残されています。
廃線跡

【赤羽の廃線跡】東京陸軍兵器補給廠線の廃線跡を歩く【赤羽緑道公園】

赤羽駅の北側から伸びている赤羽緑道公園は、かつての軍事輸送に使われた路線の廃線跡です。戦前は兵器庫や火薬庫、被服庫が広がっており軍都の様相を呈していました。一部歩いてみました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました