【新大久保】本格インドネシア料理「モンゴモロ MONGGO MORO」に行く

グルメ

新大久保の美味しいインドネシア料理といえばメラプティカフェが有名ですが、昨年新たにモンゴ モロがオープン。ずっと気になっていましたが、ついに訪問が叶いました。

日本に多いバリ料理レストランではなく、ジャワ島のお料理が食べられます。

メニューはナシチャンプルにおかずを加えていくインドネシアスタイル。ショーケースに並んだお料理の中からメインと副菜を選んでいきます。ワクワクします。

私はメインにBebek Goreng(アヒル肉の揚げたもの、甘辛ピーナッツソースがかかっている)を選択し、副菜にTumis Daun Pepaya(パパイヤの葉の炒め物、少し辛め)をおすすめしていただきました。夏季限定だそうです。

ご飯(Nasi Putih)のまわりには、Mi Goreng(焼きそば)、Tumis Jamur?(キノコの炒め物)、Ikan Teri Cacang(小魚とピーナッツの和え物)が添えられ、Krupuk(えびせん)とSoto(スープ)がついてきました。

レモンの入った水は手で食べる人が使うフィンガーボールです。

なにからなにまでジャワ島、インドネシア。すべてのお料理がインドネシアで食べたどのレストランよりも美味しくて、心から満足しました。必ず再訪します。

場所は、JR新大久保駅と、地下鉄東新宿駅の中間あたりにあります。わかりやすいのは新大久保の通りをまっすぐ歩くことですが、混雑を避けたい場合は東新宿から歩くと良さそう。

モンゴ モロ (東新宿/インドネシア料理)
★★★☆☆3.43 ■予算(昼):¥1,000~¥1,999

コロナ禍で渡航できない今、インドネシアが恋しい人も、インドネシアのお料理に関心がある人も、すべての人に本当におすすめのインドネシアレストランです。

タイトルとURLをコピーしました