【コストコ商品】LINEで注文/所沢駅で受け取りできる「BOPISTA」を使ってみた

おすすめグッズ

「BOPISTA」とは

西武線の所沢駅で始まった実証実験、「BOPISTA」を利用してみました。主に食品を中心としたコストコの商品や、所沢駅ビルグランエミオで売られているお総菜やスイーツなどをLINEで注文し、駅に複数設置されているロッカーで受け取れるというものです。

BOPISTA(ボピスタ)

期間は2022年3月31日まで。以前は西武百貨店の商品が受け取れるサービスが行われていました。

今回はLINEから注文できるようになり、また受け取り可能なロッカーも増えています。

利用料金は、1,000円未満が100円、1,000円~1,999円が200円、2,000円~2,999円が300円と100円ずつ上がります。受け取り可能時間や当日受け取りについてなど、詳しくはこちらをどうぞ。

サービスガイド(トモズver)
BOPISTA(ボピスタ)は西武ホールディングスが提供する新たな駅配サービス。注文後、最短3時間で駅のスマートロッカーまでお届けします。スマホを使って非接触で受け取りOK。サービスは18日(金)午前9時から注文受付開始!

購入編

早速購入してみます。手順は「LINEを追加」→「会員登録」→「好きな商品を選ぶ」→「受け取りのロッカーと受け取り時間を選ぶ」→「ロッカーを解除するアプリ(SPACER)をダウンロード」→「受け取り」です。

LINEを追加。詳しい情報はLINEから参照できます。

「SPACER」という、コインロッカーを解除するアプリをダウンロード。スマートコインロッカーという仕組みで、前回の実証実験でも使われました。

好きなブランドと商品を選びます。随時追加予定とのことですが、すでにコストコを中心に多数の商品が選択可能です。

今回はコストコの商品を注文することに。コストコは所沢にあるわけではなく、入間から持ってきてくれるのでお得感を感じます。商品ラインナップも豊富。

冷蔵商品と常温商品は同じロッカーに入れられないため、同時に注文できません。今回は冷蔵商品から選んでみました。また、コストコは3商品までなど、コインロッカーの関係で個数に制限があります。

せっかくなのでコストコらしいものを、と思いましたがよくわからず、「ティラミスドルチェ」1,380円と、

「ハニーバター(DOWNY’S)」888円を注文。

次に受け取り時間を選びます。今回は昼過ぎに注文したためコストコの当日受け取りはできず(駅チカ商品は16:00まで可能)、翌日の枠を選びます。

コストコの商品は午後から受け取り可能です。私は所沢駅改札内のロッカーを選択。南改札の展望テラスのある側です。平日の15:00~17:00の枠を選択しました。日曜日は受け取れません。

支払いに進みます。クレジットカードで支払うことができます。

今回2,000〜2,999円の間の注文なので、利用料は300円。入間のコストコから持ってくる代と考えると安いです。ちなみにコストコは入間市駅の近くにあるわけではないですが、所沢〜入間市の往復運賃は420円。

合計2,568円になりました。注文確認のメールとLINEが届きます。今後LINEで注文状況を知らせてくれるそうです。

受け取り編

翌日、受け取り時間の2時間前にLINEが届き、ロッカー番号と開錠キーを教えてくれました。

時間になり、早速受け取りに所沢駅へ。南改札の展望テラスには、桜をかたどったメッセージが貼られています。

私の受け取るロッカーは、改札に入って向かって左にありました。

スマートロッカーアプリ「SPACER」を起動します。Bluetoothをオンにしておく必要があります。

「ロッカーを開ける」を押し、スライド。自動で自分のロッカーが開きます。

商品がそれぞれビニール袋に入って置いてありました。

帰宅。今回初めてコストコの商品を購入するのですが、ティラミスは異常な大きさでびっくり。楽しい体験です。

ハニーバターも私には珍しくてわくわくします。

前回の西武百貨店の商品と異なり、コストコやお総菜ということで、商品内容や価格帯がLINEなどオンラインで気軽に注文する若年層と親和性が高そうです。また、車を持たない若者にとって、車でしか行けないが憧れがあるコストコが、一商品から買えて駅で受け取れるというのは、まさに痒い所に手が届くサービスだと感じました。若年層からは離れますが、道の駅にあるような新鮮な野菜やそこでのみ流通する美味しいものなども同様に訴求するかもしれません。

この機会にぜひコストコ商品を楽しんでみてください。

BOPISTA(ボピスタ)
タイトルとURLをコピーしました