丸ノ内線方南町支線に乗る【02系80番台3両編成】

鉄道

東京メトロ丸ノ内線は、池袋から東京、新宿を経て荻窪へ向かう本線と、中野坂上から分かれて方南町へ向かう分岐線(方南町支線)とで構成される路線です。新宿以西の部分はかつては荻窪線と呼ばれ、新宿-荻窪間は主に中央線の混雑緩和を目的とし、支線は車庫のある中野富士見町や鉄道空白地帯であった方南町を結ぶ目的で建設されました。

荻窪線は開業当初から丸ノ内線と一体的に運用されていましたが、いまでは丸ノ内線の一部となっています。方南町支線へは本線からの直通列車もありますが、支線内のみの運用もあり、支線専用の編成があります。今回は中野坂上から方南町まで支線を乗り通してみます。

中野坂上駅は2面3線の構造で、支線内のみの運用の電車が真ん中の2番線に発着します。両側の扉が開き、本線の双方向から乗り換えられる仕組みです。

本線では02系と2000系の6両編成が使われていますが、支線用の車両は02系80番台3両編成が使われています。ワンマン運転です。

平日の昼間ですが、満席で出発。大きく左カーブし、中野新橋に到着します。神田川に架かる新橋が由来で、ここから神田川に沿って進みます。007のロケで使われたとか。次の中野富士見町は中野車両基地の最寄り駅で、この先で分岐して地上に上がる線路があり、車両基地に繋がっています。そのため中野富士見町発着の電車もあります。

あっという間に終点の方南町に到着しました。方南町は杉並区。東京メトロではめずらしい、ほかに接続する路線のない単独終端駅です。改めてお顔を眺めてみると、幕は方南町↔中野坂上で固定されており、また丸ノ内線のラインカラー赤に黒い線が加わっています。

環七通り沿いに出て中野駅行きのバスに乗り、帰宅しました。

もちろん新型の2000系6両編成も方南町に入ります。

支線ってわくわくしますね。

タイトルとURLをコピーしました