【憧れの都心に住む】住んだ分だけ払う新しいスタイルの部屋探しをしよう【短期滞在/多拠点生活/別居など】

日常

憧れの都心に住みたい/多拠点生活を叶えたい/一時的な住まいが欲しい

生活スタイルが多様化する今、住む場所も、住み方も、より自由な選択が可能になってきました。

平日だけ都心に住みたい 密な通勤時間を避けて時間を有効活用するため、平日だけ職場近くの都心の部屋に住み、週末は実家で暮らしたい、勤務地が変わり自宅から通うのが遠くなったので平日だけ都心に住みたい、など、一人暮らしや完全な引っ越しをするまでもないけど仕事の時は部屋が必要といったことは多々あります。

憧れだった都心に少しだけ住みたい 一度は都会に住んでみたいと思ったことはありませんか?憧れだった都会暮らしをしてみたいといっても、完全に移住するのは様々な面で大変です。各々の条件からこれまで許されなかったそんな夢も叶う時代になりました。1か月単位で住めて、敷金礼金ゼロ、退去費用ゼロで気軽に理想の都会生活を楽しむことができます。

多拠点生活/アドレスホッパーとして様々な土地で暮らしてみたい 都会と田舎、地方都市と東京など、複数の部屋を持ち行き来する生活を多拠点生活と呼びます。また、一か所にとどまらず、住む場所を転々とする暮らし方をアドレスホッパーと呼びます。いずれも自由な暮らし方として近年注目が高まっています。

別居するための一時的な部屋が欲しい 家庭の様々な事情で別居となる際、一時的な部屋を探すならできるだけ経済的負担が少なく、契約が簡単なほうがいいですね。

テレワークに使える部屋が欲しい 仕事はテレワークになったものの、自宅では集中できず、またカフェやデイユースのホテルでは時間を気にして落ち着かないなど、ひとりの仕事場兼住居として気軽に部屋を借りることができれば便利ですよね。

unito(ユニット)とは

unito

そんな理想を実現できるのが「unito」というサービスです。「泊まるように、暮らそう。」をコンセプトに、必要な設備とアメニティをそろえた部屋に、自分が住んだ日の分だけ支払うという仕組みになっています。

  • 最短1か月から
  • 敷金返金、退去費用ゼロ
  • 家具家電付きのお部屋も
  • 主に首都圏や関西、中京エリアにもお部屋多数
  • 住まない日は家賃がかからず、安く住める
  • 住民票が置けるお部屋もある

といったメリットがあります。

このサービスの最大の特徴は、住まない日にお部屋をホテルとして貸し出すことで、家賃を抑えられるということです。そのため利用者に応じて家賃が変わるということになります。使わない日にお金がかからないのはいいですね。

最短1ヶ月から。平日、都心暮らしを「unito(ユニット)」

希望のエリアにお部屋があるか、チェックしてみてください。LINEで相談も可能なようです。

タイトルとURLをコピーしました