【個室型ワークブース比較】「CocoDesk」を使ってみた

おすすめグッズ

最近駅などでかなりよく見かけるようになった個室型のワークブース。気になっていたので利用して比較してみることにしました。今回は、関東圏では主に東京メトロの駅ナカに設置されている「CocoDesk」を利用します。

CocoDeskとは

「CocoDesk」とは、富士フィルムが運営する個室型ワークブースで、東京都内を中心に、神奈川や大阪などにも展開されています。都内では東京メトロの駅ナカでよく目にすることができます。

料金は15分275円で、15分単位で利用できます。

CocoDesk:富士フイルムビジネスイノベーション
CocoDeskはあなた本位の働き方ソリューション。いつでもどこでも、働く人の利便性と快適性にこだわった、プライベートオフィスサービス。

予約方法

まずは会員登録が必要です。クレジットカードも登録します。

ログイン後、ブースを探すを押してブースを選びます。

東京メトロ有楽町線の麹町駅にあるブースを選択しました。次に利用時間を選びます。

予約完了です。予約確認メールも届きます。

実際に使ってみた

麹町駅に到着です。改札を出てすぐにワークブースが設置されていました。

CocoDeskでは、外にモニター等はないようです。大きな室外機が見えます。

解錠、施錠はスマホの画面上で行います。Wi-FiのSSIDとパスワードも載っています。

「解錠する」を押して解錠。ドアを開けると、温かみのある個室が現れました。

まず目を見張るのは巨大なモニター。STATION BOOTHのものより大型です。テレキューブにはモニターはありませんでした。

電源はコンセントが2つと充電用のUSBポートが1つあります。

エアコンは一般的な家庭用のものが設置されています。部屋に対して大きいのですぐに快適な温度になりました。

ドア横には開錠ボタン。室内からの開閉操作はこちらで行います。

椅子は背面に角度がついていて少しもたれることができるデザインで、楽に座ることができました。Wi-Fiの速度も他社のものより速いように感じます。暖色の蛍光に大きなエアコン、快適な座席、スマホの操作性など、CocoDeskはあらゆる点で一歩秀でていると思います。

CocoDeskの設置場所はこちらを参照してください。さらに順次増えていくようです。

CocoDesk:富士フイルムビジネスイノベーション
CocoDeskはあなた本位の働き方ソリューション。いつでもどこでも、働く人の利便性と快適性にこだわった、プライベートオフィスサービス。

「テレキューブ」の記事はこちら

「STATION BOOTH」の記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました